So-net無料ブログ作成
検索選択

職場での菓子 [仕事・職場を考える]

 職場ではよく、個別包装された菓子やら、切り分けられた果物やらが配られる。取引先の手土産というならまだしろ、社員の出張の手土産がほとんどである。1日に4,5回も配られることがあり、頻繁さに驚く。総務部員がさも大事そうに配り、どこの誰が得たものなのか、延々と大声で話している。就業時間中にに食べろということらしい。

 人数分に不足するためか、果物が細かく切り分けられた皿が回ってきたり、パックから生菓子を取れと言われたりすると、こうまでして配付しなければならないものかと考えてしまう。そして社員が反射的に手を付け、熱心に早食いする姿を見ると、貪るという言葉を連想してしまう。

 職場で飲食するのは場にそぐわず、しかも老朽化した社屋で、埃っぽい中で食べるのは気持ちの良いものではない。だからといって同僚たちがパクパク食べる姿が格好が悪いと言う必要はないだろう。

 そうした手土産は明らかに安物である。グルタミン酸ナトリウムなどの食品添加物や、糖分や脂質が多くて、健康に良くないようである。買ってくる社員は健康を気に掛けない一方で、2,000~3,000円も掛けて買ったものを食ったんだから、俺をあしざまに扱うなという社内営業的な思いが強いのだろう。それなりの同僚にそれなりの水準で対応しているという構図だろう。職場で仲が良くなく、不安定だからこそ、こうして菓子が配付されるのだろう。

 私がそうした社内営業に付き合うかどうかのだが、あからさまに下らないと言うのではなく、外見として付き合ったふりをすればいいと言える。やはり「自分の口に入れるものに責任を持つ」のである。きょうも早速、生ごみにしてしまった。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

偉い人 [生活]

 企業では部下たちから見ると部長ともなれば偉い。だから企業外の人たちも尊重してくれと言外に求められ、少し驚くことがある。企業外の人たちにとって、例えば消費者にはそうした部長は年を取った、あまり実務を知らない社員としか見えないことがあるからだ。部下たちがへいこらしている姿は見苦しい。

 内部の論理を外部に出さないでほしいと思う。この組織は大丈夫かなと思ってしまう。消費者にとっては取引が適正かどうかのみに関心があり、どうでもいいことには付き合いきれない。

 考えてみると、誰もが知る地方企業の部長は地域でも名士のはずだという意識があるのかもしれない。企業-消費者でなく、名士-庶民という構図なのである。彼らがそういうふうに考えているのなら、あからさまに反発すると騒動が起きてしまう。その場に合わせて、ああそうですか、部長様ですかと恐縮したふりをしてやり過ごすのがいいのかもしれない。何だか田舎っぽいが、考えてみれば日本はどこへ行っても田舎っぽいのである。ハイハイ、私も田舎人ですよと振る舞う、演技力も必要である。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

核シェルター普及率 [社会を考える]

 日本の核シェルター普及率は1%未満だという。西欧は100%近いらしい。核なき世界を構築するのが理想とはいえ、世界では核保有国は増えている。日本には全国あちこちに原発があり、紛争になれば攻撃される恐れがあり、まるでアメリカが敵陣営近くの属国(日本)に原発を故意に作ったかのようである。

 本来は核シェルターを法令で義務付ける必要があるだろう。電力会社が原発並みに核シェルターも電気料金で建設費用を賄ったらどうか。東電福島第1原発事故でも、福島県民らに核シェルターがあれば被曝は相当、緩和されたのではないだろうか。

 米朝戦争の勃発が懸念されている。核保有国同士の戦争に日韓も巻き込まれる恐れがある。日本のマスコミはむしろ戦争を煽っているから、あまりTVを見ないほうがいいかもしれない。私はBBCラジオで情勢を知るようにしている。

 現代の戦争では後方というものはないそうだ。どこでも戦場になると言える。

 戦争とは貧しく、非武装の庶民がある日突然、最新のテクノロジーを利用した兵器で攻撃され、虐殺されるという事態である。殺された人間は何の理由で、どういった手段で殺されたのか分からないだろう。第2次大戦以前には、例えばナチスによるゲルニカ空襲、日本軍による重慶爆撃などは貧しい農民らが、航空機による無差別爆撃という、当時最新のテクノロジー、最新の戦略理論で殺された。シリアやアフガニスタンでも、今、貧しい農民や都市生活者が、ロボット兵器や投下されるバンカーバスター弾で殺されるという事態が起きている。殺される側はインフラや教育が未整備の地域で、貧困線上でようやく生きていて、非武装どころか妊婦、母子、乳幼児ということがある。我彼の貧富の格差、テクノロジーの格差というのは途方もなく大きいのである。政治経済が高度に発達した地域の人間が、世界の最も貧しい地域でようやく生きている人間を殺す決断をするのである。

 人種差別が根底にあるものとも言えるが、人間というのは同じ人間に対して、どこまでも残酷になれるということらしい。

 外交や諜報による平和構築はもちろん重要だが、兵器の使用や保有、研究を禁止する必要も人類の存続には必要である。例えば第2次世界大戦では毒ガス兵器は本格的には使用されなかったとされるが、これはジュネーブ議定書などの合意があったからだろう。第1次大戦後、戦争を防ぐための努力があった。現代ではさらに進め、核兵器をはじめ、兵器の使用、保有、研究を禁止する必要がある。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

盆の不思議 [生活]

 盆に入ると、薄色のフィルターを付けたレンズのカメラで見たように、夏空が少し暗くなって見える。そして盆明けには元に戻る。これは気のせいなのだろうか。

 私は盆休み、おとなしくすることにしている。交通事故や海・山の事故が多発するので、移動したり、仕事をしたり、遊んだりするのは賢くないと思うからである。サラリーマンにとって盆暮れというのは比較的長期に休暇が取れる機会であるが、習俗に従い、あまり積極的に行動しない。

 夏の疲れなのか、手元が狂ったのか、台所でコーヒーサーバーのガラス部品を壊してしまった。量販店に行って、代わりの部品を注文してきた。やけどもけがもせず、この程度で済んだのだから幸いである。

 盆に入ると霊魂がやって来て、盆明けには戻るという説がある。女性には実際に霊魂が見える人もいるらしく、男性よりも割合が多く、かなりいるらしい。ただしそうした人たちは霊魂の話をすると、社会性との兼ね合いもあるから、黙っていることが多い。

 これは私の考えなのだが、霊魂が見えるような人たちが社会性を持ち、正しく生きるためには、どうやら他人より少し努力したり、修行のようなものをしたりする必要があるようだ。私は霊魂が見えるわけではないが、過敏なところがあるから、やはり日々、定期的な運動をするなど、修行だと思って生きるように心掛けている。過敏という力は体力・体力が少し強くなければ制御できないのであろう。

 私は嗅覚が敏感で、土地や場所によっては臭いを感じてしまう。人間にも時折、臭いを感じる。恐怖感や疾病は臭いとして出るものらしい。自分の感じたことをそのまま表現すると、社会性との兼ね合いもあるから、言動に出さないなど、うまく制御する必要がある。自制心が必要なのである。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

目標:BMI21 [自分の体は自分で守れ]

 減食と定期的な運動で今春、最も疾病が少ないとするBMI22未満の体重を達成できた。血圧も大きく下がり、概ね120/80未満の「至適」である。現在、体重は15歳の時よりも軽い。次の目標はBMI21で、あと▼1.5kgである。

 記録・観察すると1)生活で定期的な運動を優先する(健康優先)、2)夕食での食物繊維摂取(MAC摂取)、3)睡眠を十分に取るという3つのこつがあった。こうしたこつは個人ごとに違うだろう。

 1)では例えば社員としての裁量の範囲で、出張日程を定期的な運動の予定に合わせて組む。リストラ部屋に追いやられているので時間的余裕もあるのだろう。出張中も運転の合間にストレッチをする。夕食でも米飯を食べず、早めに入眠する。2)は野菜、豆類、果物などから食物繊維を取り、米飯・麺類を取らない。乳製品は積極的に摂取している。3)については可能であれば午後9時台、遅くとも午後11時までには入眠するようにしている。これは出張中も同じである。

 マイクロバイオ―タ(腸内細菌叢)が改善するためか、心身共に強くなる。マイクロバイオ―タが性格や言動に影響を与えるという説がある。例えばスーパー内の酒類コーナーで製品につい手を出したくなるという欲求が出るのはマイクロバイオ―タの働きらしい。私は野菜や果物の鮮度が気になったり、有機栽培かどうか気になったり、ハーブの働きや、岩塩などの調味料に関心があったりする。これらもマイクロバイオ―タ相が豊富になったり、改善したりしたためかもしれない。

 以前より味覚や身体の異変にも敏感になる。外食すると「胃にもたれる」「何となくあちこち身体が痛くなる」と感じるようになり、外食先を選ぶようになる。優れた食材を使うカフェやレストランは少ないので、外食の回数が減る。これらもマイクロバイオ―タの働きと言えるかもしれない。

 心身の健康のためにはマイクロバイオ―タを味方につけることがツボである。そのためにはマイクロバイオ―タのエネルギー原であるMAC(マイクロバイオ―タが食べる炭水化物)を摂取することである。できる限り野菜、豆類、果物、乳製品を摂取する。米飯や麺類、パンは小腸でほとんど全部のエネルギーが消化されるため、マイクロバイオ―タがいる大腸まで届かない。ハンバーガーにコーラは腸内細菌を無視した食事と言える。マイクロバイオ―タがエネルギーを得ると、医薬品製造工場の働きもし、人体に侵入する病原菌と闘い、性格を安定させ、心身を強靭にするのである。

 心身の健康は何よりの宝である。もちろん貯蓄、勤労、学問、技能、友情や愛情も重要である。ただしこれら全部の基礎に心身の健康があることは言うまでもない。

 マイクロバイオ―タが人間の思考、意識、言動などに影響を与えるとは不思議なことだ。しかしマイクロバイオ―タ、すなわち大腸は脳より賢い。例えば悪意を抱いた人間に接すると、急に腹が痛くなるだろう。

 日々の生活は心身の健康に必ず反映される。僧侶たちが厳しい修行をするのも心身相関があるからだ。ブッダは「怠らず努めよ」と言った。酒や煙草を摂取して、悪口や愚痴ばかり言っている人たちを遠ざけ、努力して心身の健康を保ち、顔色のいい人たちと前向きに活動することも大切である。マイクロバイオ―タが改善すると、自然にそうした状態になるから、人生も改善するのである。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事