So-net無料ブログ作成

謹賀新年 [社会を考える]

 読者諸氏の新年のご活躍をお祈りします。
nice!(1)  コメント(0) 

会社と労組の忘年会 [仕事・職場を考える]

 今週は会社と労組双方の忘年会、仕事納めの慰労があった。2つの忘年会には参加した。しかし仕事納めの慰労は埃っぽい会議室でビールを飲むので、冒頭に顔を出して飲食物に口を付けなかった。会議室で大騒ぎの声が聞こえている間、自席で居眠りをしていた。食堂があるならまだしろ、職場で飲食するのは止めたいものである。食生活は身体に反映する。アルコールが入ると分解に時間がかかる。禁煙のレストランで、品質の高いものを食べ、品性が卑しくない人たちと、時間をかけて飲食するなら、また別なのかもしれない。
nice!(0)  コメント(0) 

運気のいいもの [自分の体は自分で守れ]

 物にも人にも、運気というものがある。超自然的なことはあまり記したくないが、どうやらそうしたものがあるらしい。私は香り、臭いというものでそれを感じる。

 建物に入ろうとして、むっとした汚臭がすると、いわば貧乏神が棲んでいるようなものである。仕事なら取引を避けるべきだし、店舗や旅館なら入るのを止めることである。こうした所ではそのうち営業停止になっている。興味深いことに、敢えて入ると、理由なく受付係に睨み付けられたりする。「入るようなところじゃない」と言外に示されているようなものである。

 悪臭が先なのか、収益低下が先なのか、よく分からない。営業努力が不足しているのだろう。そして、店舗であれば美人を置いたりして、小手先の集客を狙うようである。

 転就職先の法人も同じで、圧迫面接がある場合、運気が悪いというか、どうしようもない所であることを分かりやすく示しているのである。

 人間でも、喫煙者や飲酒者は臭いを放ち、傷病でも臭う。人間の場合、とりわけ食生活が放つ臭いに反映するようである。野外で泥まみれになるまで仕事をしている場合は例外として、必要以上に不衛生であれば、大抵その通りの運気の人たちである。ろくでもなかったりする。なるべく関わり合いを避けるしかない。反対に運気が良いと、少なくとも無臭であり、むしろ良い香りのすることがある。

 人間も物も、一瞥して分かるものである。運気の悪いものを避けてばかりでは生きていけないが、少なくとも自覚することは重要であろう。
nice!(0)  コメント(0) 

片付け [生活]

 優先順位を1) 定期的な運動、2)語学学習(英仏)の順にしている。効果的な運動のため、食物繊維が多い食事が必要で、それには買い物や自炊が必要である。また習って帰宅すると、ノートに取ったり、復習したりする。早朝にはストレッチや体幹トレーニングもしている。平日も休日も、朝から晩まで忙しい。楽々とやれる日もあるのだから、忙しいと感じるのはなぜだろうかと思うと、大抵、机やその周りが散らかっている。

 きょうは予定を控えて、2時間余り、片付けに当てることにした。頑張りたい。
nice!(0)  コメント(0) 

プロテインを摂取 [自分の体は自分で守れ]

 体幹トレーニングに伴い、たんぱく質を摂取して、筋肉量を増やすため、プロテインもしくはささ身肉の摂取を勧められた。私は現在、魚介類や食肉類をほとんど食べていない。食べているとしたら、昼外食でカレーやオムレツに牛肉や鶏肉が多少、含まれているときである。菜食主義を目指したわけではないが、食物繊維摂取量を増やすと、自然に菜食主義に近くなる。細かく分類すると、菜食主義のうち、乳卵菜食に当たるだろう。

 アドバイスに従うことにして、早速ささ身を買ってきて、筋を取って下ゆでした後、野菜炒めに混ぜてみた。食べた後、何とも表現しにくいが、屠畜された生き物の殺気のようなものを感じた。野菜、果実、豆類ではこうしたパワーは感じない。乳卵菜食を1年以上続けているから、こうしたことに敏感になっているのかもしれない。

 今度はプロテインを買ってきた。プロテインはホエイを原料とするものと、大豆を原料とするものがある。ホエイというのは乳製品メーカーの産業廃棄物である。大豆を原料とするプロテインを買ってきて、牛乳に混ぜて飲んでみたが、胃に違和感が残った。大豆プロテインの工程は推測できないが、ひょっとするとやはり産業廃棄物なのかもしれない。

 私は最近、外食などでも「臭いに違和感」「食べたら胃にもたれる」「下痢をした」など、変化を感じると、もう2度と試さない。鼻と胃と腸の声に忠実に生きている。こうした原初的な感覚を大事にすると、食べるものが限られてくるが、しかしどんどん健康になっているのだから、概ね正しいのだろう。

 何だか上手くいかないが、恐らく現在の食生活が健全だからなのだろう。考えてみると、ささ身やプロテインに頼らず、素直に大豆や乳製品の摂取量を増やすか、鮭の切り身でも食べればいいのだろう。
nice!(0)  コメント(0)