So-net無料ブログ作成
検索選択

パワハラと国家社会主義 [職場を考える]

 使用者がサラリーマン、とりわけ新入社員にパワハラを働くのは教育訓練ではなく、人格支配のためである。程度の違いこそあれ、使用者は労働させるのではなく、パワハラによって自由意思をくじき、辱めを与え、人格を支配しようとする。使用者が恐れるのは怠惰ではなく、サラリーマンの自由意思である。思考そのものを変えようとする。

 そこには労働契約といった近代性はない。IT、IoTが整った現代型のオフィスにいながら、暴力や中傷、粗野な言動、アルコールなどを反復して与えるパワハラが横行して、さながら地獄のようになっている。見かけだけの現代性で、中身は政治犯収容所のようになっている。

 経営者はサラリーマン出身で、産業資本家ではない。起業したり、努力を積み重ねて、組織の上に立ったというよりも、サラリーマン同士の酒席での密かなシンジゲートを辿って、役員になるということのほうが多い。

 経営と所有(株主)の分離、産業資本家の排除、業界団体の設立は太平洋戦争前、年功序列、厚生年金制度などは総力戦体制として築き上げられたものである。国家は生産力拡大のため、業界団体を通じて、産業を支配する。業界の構成要素にすぎない個々の企業では、経営者や管理職が部下に命令するには、人格的に動かすことはできない。

 部下にとって上司は「能力が低くて、努力もしてこなかった高齢者」に過ぎず、何ら上司の資格のある人間ではないからである。だから上司は部下へ徹底したパワハラを加える必要があり、脅し上げたり、見せしめが必要であったりする。虐め、基本的人権への侵害が必要なマネジメントなのである。

 ただしこうしたサラリーマンが産業事故に遭ったり、障害を負ったり、病気などで死亡したすれば本人や遺族に年金を支給する。厚生年金は考え方として、国家社会主義下の戦死者への戦時福祉である。一方、パワハラによる精神的被害や過労死、過労自殺については同様に年金を支給するものの、使用者の責任をほとんど認めようとしない。

 なぜなら基本にパワハラが不可欠なマネジメントがあるので、マネジメントそのものを否定することはないからである。裁判所は国家体制の一部だから、国家社会主義そのものを裁くことを当然に拒む。裁判所はパワハラに対して、使用者の無答責を認める。国家無答責であり、国家の一要素である使用者にも当然、無答責を認める。

 資源がなく、人材のみがある国で、西欧諸国に囲まれ、孤立した島国で総力戦を戦うためのシステムと言えよう。そこにあるのは基本的人権という概念を制限し、契約の概念を歪めたものである。こうした人間には社会性や国際性が失われる。こうした思想は元々、旧満州にあった南満州鉄道などで、元左翼などからなるインテリ層によって編み出されたらしい。社会主義の要素が活用されているのはそのためである。

 国家社会主義というのは精巧な思想で、国家、帝国すらも乗っとることができる。ドイツ帝国を乗っ取り、旧帝国の軍隊や警察を動かしたのである。日本でも国家社会主義者たちが産業や企業を乗っ取ったのである。乗っ取られたままとも言えるだろう。 

 日本でパワハラ、学校でのいじめが根絶できないのは国家社会主義が原因と言えるだろう。根っこにある国家社会主義そのものを拒むのは当然として、西欧の民主主義をそのまま導入するのではなく、国情や民族主義に沿ったものを考える必要があるだろう。資源がなく、人材さえ少なくなっていく日本にあって、基本的人権を擁護し、虐待や差別を少なくし、前向きな社会を築くことができるかが、今後の日本の鍵になるだろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

整理しないから忙しい [職場を考える]

 忙しくて整理できないのではなく「整理しないから忙しい」のである。

 児童は「整理整頓」だの「あすの用意をしてから眠る」だの「復習や宿題をやろう」だのとしつけられる。大人になっても同じことで、整理整頓や準備というものが多少高度化しているにすぎず、基本は同じである。大人のくせに整理整頓も用意も勉強もできないのかと笑われないために頑張るしかないのである。

 本棚やその周辺の乱れた書類を眺めると、本腰を入れて整理せねばと思ってしまった。思っただけで行動しなければ意味がないのだ。整理整頓は時間という資源の節約そのものである。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

心掛けていること [職場を考える]

ツボを掴む
 仕事、人間関係、勉強、運動技能の向上のいずれでも、闇雲に取り組むのではなく、ツボを掴むことが重要である。もちろん尻込みして取り組まないのでは話にならないが、漫然と努力するのではなく、効果が上がるツボを掴もうと問題意識を持ち、ツボを掴む。もちろん誰かに教えてもらえることもあるが、取り組んでいないと教えてもらえない。

次の動作を考える
 次の動作、少し先の自分の動きも視野に入れて、取り組むのが重要である。

頭から突っ込まない
 私は取り組む時は闇雲に取り組んでしまう。いわば頭から突っ込む。しかし頭は守るのが基本である。相手の反撃、抵抗に備え、頭から突っ込まない。反撃、抵抗を想定し、前もって知らせたり、反応を観察したりするのが重要である。

目を逸らせない
 職場にはワルやチンピラがいる。こうした人間たちとの問答でも、目を逸らさず、正々堂々とした態度で受け答えする。目を逸らさないことで、負けない人生になる。

勝敗は一瞬、段取り八分
 成果が上がる時間というのは一瞬である。段取り八分なことが多い。日ごろの練習、準備で大抵のことが決まってしまうのである。

攻撃を待ってすぐに迎撃
 パワハラには直ちに迎撃する。すぐに迎撃したという積み重ねが重要である。

問われなければ教えない
 秘訣は必ずしもあまねく万人に教える必要はない。教えを請おうという人の真摯な心に報いて教えるものである。問わない人には教えない。問われても真摯でない人には教えない。真摯な人は少ない。情報を無暗に与える必要はない。これは意地悪でない。

どんな時も整理整頓や計画を
 整理整頓の重要さは言うまでもない。小さなことでも計画して行う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

体重が正常に [職場を考える]

 BMIの数値が25未満となり、WHOで定める肥満気味( pre-obese ) から外れて、正常範囲( normal range )となった。WHOの基準では肥満( obesity )でも、超過体重( overweight )でもないのである。

 よし、これで国際的にやっていけるぞ! と本気で思う。私は日ごろから海外との縁があるから、こうした小さな出来事も自信につなげたい。

 クリスマスパーティーで知り合いの参加者に尋ねてみたところ「あなたは太っていない」と言われたから、見た目にも太っていないのだろう。次の目標は…と考えると、日本肥満学会ではBMI22を標準としている。一方、WHOではBMI18.5以上25未満を正常範囲、さらに正常範囲を2つに分け、BMI23未満をcut-off pointとしている。だから私の次の目標はBMI23未満とすればいいのだろう。

 去年の取材で、近くの医科大学の教員の講演を聞き、世界的には健康寿命(HALE=healthy life expectancy)という概念が唱えられていることを知った。死亡以前に疾病にかかっている月日が長いほど、苦しむことになるし、家計にも負担になる。だからできる限り健康である必要があるという考えである。

 こうした合理的な考えに基づき、喫煙やアルコール、過労を避けるのはもちろんのこと、早寝早起き、定期的な運動、カロリーコントロールを取り入れ、できればノンミートイーター(肉類摂取を避ける)に近い食生活を取る必要がある。健康で心身が快適なのは何よりの宝であり、幸せの源泉である。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

パワハラと過労死 [職場を考える]

人間は内面から崩れる
 特捜から起訴され、収監された作家の佐藤優はロシアの友人から「人間は内面から崩れる」と忠告を受けたそうだ。極限状況に追い込まれた時、必ずしも自分はもう駄目だと思う人間ばかりではない。尊厳を保つ人間もいる。人間は「自分はもう駄目だ」と思うからこそ、惨めな存在になり下がってしまう。尊厳を保つために負けない人間になることが重要である。自分は負けないと頑張り、正しいからこそ弾圧を受けるのだという思想を持つ必要がある。弾圧者はやはり被弾圧者が尊厳を失い、自暴自棄になってもらうのが都合がいいのである。

企業の虐待
 パワハラや過労死、過労自殺が話題になっている。アルコール依存症の上司・先輩の専横や恫喝、ハラスメント、女性であればセクハラに遭うことがある。パワハラが横行する職場では大抵、革新や進取を毛嫌いする風土がある。老人支配組織である。電通などもそうだろう。パワハラを受けるのはひょっとして老人の地位を脅かす存在だからなのかもしれない。組織の中にいる老人は本音では若者が大嫌いである。

 NHKで以前、ボスザルに地位を譲った前ボスザルは、ボスザルのポジションを巡る闘いに影響するという番組を放映していた。前ボスザルは「勝ちそうなほうに加勢する」らしい。つまりボスザルAに地位を譲った前ボスザルXがいて、ワカザルBがAに挑戦するとする。Xはじっと闘いを観察し、Bが勝ちそうになるとBに加勢し、Aが勝ちそうになるとAに加勢して、いずれのケースでも恩を売る。勝ちそうなサルに加勢しておけば前ボスザルとしての安泰だからである。Xは節操がない。AとBが話し合い、Xは悪事を働くだけだから、まず共同して攻撃しようという話にはならないらしい。Xを群れから追放し、悪のシステムを変えることはいわば革新である。

何よりも革新を恐れる
 経営者もこんな感じで、サルと大した行動が変わらない。人数が多くて元気もある若者が団結して革新を行うのが何よりも恐ろしく、必死にハラスメントにリソースを費やすのだろう。電通では社内で、裸踊りだの傷害事件だのが生じているそうだが、結局、若者同士を仕事以外の無意味なことで消耗させ、上に歯向かうのを防いでいるわけである。賢い人間は徹底的に弾圧される。

 定年制があるのは「老人は悪事を働く」という前提がある。国は年金支給年齢を引き下げ、定年を以前のように55~57歳にすれば活力が生まれるのではないだろうか。今は逆をやっているというわけである。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事