So-net無料ブログ作成
検索選択
management ブログトップ

経営問題を考える [management]

 人間は問題に遭遇したら次のような方法を取るだろう。(1)専門家や信頼がおける人物に相談する(2)図書を読んで勉強したり自分の頭で考えるというものだ。実は(2)が本当に解決するやり方である。

 私は経営者や上司が在庫、人事労務、不動産などの、長年の問題を私にそのままぶん投げてくるものだから、神経過敏になっている。昨年は5月に事業計画の会議があるから、泥縄式に年明けにぶん投げられた。新年はこうしたことがないことを祈る。

 しかしただ神経過敏になっても損である。勉強の機会だと思い、経営について勉強することにした。自分について分析すると、私は取材、編集、数値管理、海外との交渉、翻訳などの仕事をやってきた。過労死寸前になったりfreeterを経験したので、労務や労組に関して特に勉強した。

 しかし経理ではない。簿記資格も持っていない。私のbackgroundは法学である。私は就業規則や労組規約についてよく読むことができる一方、決算書については何となくしか意味を取ることができない。簿記資格も持っていない。だから決算書をどう読むかについて次の2冊の図書を買って勉強を始めた。

 高下淳子『決算書を読みこなして経営分析ができる本』(日本実業出版社刊、2013年)
 矢島雅己『2014年版決算書はここだけ読もう』(弘文堂刊、2013年)

 経営者の不勉強を嘆くより(時間の無駄である)、私のliteracyを向上させることに精力を集中させることにした。早くてまた現実的である。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

在庫問題へのapproach [management]

 出版社が抱えてる在庫問題については、経理的に「回転期間」を算出する必要がある。棚卸資産回転率(=年商/棚卸資産)、棚卸期間回転率(=棚卸資産/月商)などを算出して、前期より延びていないか確認する。棚卸資産回転率を見ることによって、不良在庫の発生を知るのである。

 話によると到底売れないような商品が大量に発見されたり、製品が錆びたりかびたりしてるらしい。だから上記のような棚卸資産回転率などを算出して管理していないどころか、棚卸して在庫管理するという基本的なことも不十分ということらしい。つまり棚卸ということが分からないのだろう。

 在庫について私は(1)税務署に劣化した製品で価値がzeroであることを証明して廃棄するか、(2)公正取引委員会に相談した上でbulk saleをするかという提案をした。的外れな提案とは言えないだろうが、総務部長は慌てて話を打ち切った。

 在庫は1億円という評価らしい。しかしこの評価が正しいかどうか、量はどのくらいなのか実際には不明である。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

総務部長との対話 [management]

 部長間が数m離れていないのに互いに仕事の話が食い違う。秋口に発行の翻訳書が未だにAmazonに出品されておらず、中古本が30%増しで販売されている件で、部長同士で「それは隣の部の仕事だ」という。そこで始業前の数分間、2人が両方いる間、それぞれに数10秒ずつ話を聴いて素早く話を突き合わせた。ようやく総務部長は言い訳の根拠がなくなって追い詰められたようだ。

 考えてみるのだがこの2人はよく談笑していて階上にまでギャハハ笑いが聞こえてくる。頭が正常なのかどうか心配になるほどだ。

 1日の間で、労働時間内にそれほど談笑できるのに「収益」=売上に直結する件について、どうして話をしていないのだろうか。またどうして私が彼らの仕事を管理(management)しなければならないのだろうか。

 理由はともあれ、私は仕事をうまく運ぶのが必要だ。もし文芸書なら売れる期間はもう終わっている。技術書で今売れているようだからまだ大丈夫だろうが…。こんなことなら、もう少し早くせっついても良かっただろう。

 まるで部長2人が私の部下のようだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

仕事を持ち帰る [management]

何事も勉強
 執筆者から原稿だけでなく画像も受け取っている。デジカメは執筆者が撮影する。しかしある執筆者から送られてくる画像の画質が低くく、毎回印刷で困っていた。そこで手紙を書いてデジカメ設定を変更して画質を上げるように御願いしたが、年配ということもあるのだろう、できなかったようだ。

 本来であれば私が出張して教えて差し上げるのだが…費用から出張は許されないだろう。冷静に考え、送られてきた画像のmeta dataを調べた。すると撮影に使われているデジカメの機種が分かった。数年前のその機種のmanualはnetで公開されていた。全部print outして、fileにとじた。200pageぐらいあったが、それを読み込み、meta dataの数値と比べると、現在なぜ画質が悪いのかが分かった。

 現在の設定からどの位まで画質を上げるかを想定してみた。デジカメ現物が手元にないこともあり、電話で教えても執筆者は難しい操作はできないだろう。間違って教えて、おかしな設定になってしまっても責任が持てない。

 悩んでいると、偶然、簡単な操作で画質を上げることができることに気付いた。swichiを1つ動かせばいいだけであった。これだと設定を元に戻す操作も簡単である。それを早速電話で教えて差し上げた。出張しなくても1,2分で済んだ。

仕事を持ち帰る
 できる限り仕事は日中に済ますようにしている。しかし忙しかったため、翻訳の仕事を2本、持ち帰った。年末年始に休めたのだから、この3連休に1日ぐらい仕事をするのは仕方がないことだ。10時間以内にはできるだろうか。週明けの朝にパッと出すのが目標だ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
management ブログトップ