So-net無料ブログ作成
検索選択

新年の抱負 [仕事・職場を考える]

 目標はやらなければならないことに設定するより、わくわくするようなこと、達成したら本当に嬉しいことに設定すればいいらしい。例えば「英語を流暢に操る自分自身」を想像すると、本当にその通りになるらしい。

すらすらと英語の読み書きをしている姿
大勢の前で英語でスピーチ、デスカッションしている姿
英語で記事を書いている姿
フランス語会話ができる姿
家族や友人と仲の良い姿
彼女ととても仲の良い姿
企業会計や損益計算をよく理解して仕事上、適切に判断している姿
幾つも企画を併行して進め、執筆者に適切な執筆機会を与えている編集者としての姿
大勢の部下と仕事を進めている姿
スリムで行動力があり気力・体力がある姿
著書を出版している姿
家計に余裕があり、金融資産や不動産から給与並みの利子を受け、「独立した経済生活」を送っている姿

…などを思いつく。こうして書いていて、少し恥ずかしい。しかしもしこうしたことが達成できれば私はとても輝いているだろう。冷静に考えると上記のいずれも部分的には達成できている。「調子のいい想像」が動機になり、それが重要なことが分かる。こうしてわくわくする自分の姿を想像したところで、具体的にどうすればいいかを考え、努力することが重要なのだろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事