So-net無料ブログ作成
検索選択

人は変わりやすい [自分の体は自分で守れ]

 定期的な運動や減量を続けると、人間の心身は変わりやすいことが分かる。悪くも変わりやすく、また良くも変わりやすいようである。睡眠不足で運動を怠ると、体重は増えて血圧は上昇するし、よく眠って運動すると体重が増えて血圧も降下する。心身の調子を安定させるには少し辛いと思えるような運動、節食などの努力や習慣が大切である。  努力しなければ退歩する。だから人間は努力が求められる生き物と言えるだろう。怠らず励むべしというブッダの言葉は本当のことを述べたものである。  研究によると、腸内細菌叢が心身の体調に大きく働きかけているという。腸内細菌叢の内訳は有用菌が20%、日和見菌70%、有害菌が10%である。野菜、豆類、果物など(有用菌のエネルギー源になる非でん粉質の多糖類)を摂取して、米飯、麺類、パンなど(大腸に届かず、小腸ですぐに吸収されるエネルギー源)の摂取を抑えて、有用菌の働きを支援すると日和見菌が有用菌の味方をして、有害菌の作用を抑えるようである。日和見菌が70%もあり、有害菌もあり、有用菌が怠けると、有害菌がのさばってくるというメカニズムは、さながら人間社会である…。  脳と腸は大規模なニューロン網や化学物質とホルモンの連絡網(脳腸軸)でつながっている。 勘、度胸、根性というのは腸の働きが大きいという。腸内細菌叢は医薬品製造工場の働きもあり、有害菌を排除し、免疫力を向上させる。まずは腸内細菌叢に好条件を与えて、彼らを味方にして心身の健康を得るのがいちばん賢い生き方と言えるだろう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。