So-net無料ブログ作成

軍国主義と日本 [仕事・職場を考える]

 どうして欧米がこれほどまで世界を支配できたのかは大いに関心がある。第2次大戦後、アジア、アフリカで民族自決主義の下、数多くの旧植民地が独立した。しかしイギリスは相変わらず、コモンウエルスという旧宗主国―旧植民地の経済構造を保っている。フランスの旧植民地に対する執着や影響は強い。アメリカはあちこちで紛争を起こし、世界支配を進めている。イスラムでも中国でもインディアンの王国でも、南米文明でもなく、なぜ欧米がこれほど世界を支配したのであろうか。欧米の強さとは何であろうか。

 農業が盛んだったり、魚介類が豊富に獲れたりするアジアやインドと比べ、ヨーロッパは土地が貧しかった。国家間で土地争いが激しかった。そのため、戦争と諜報の技術が発達した。一方、インドやアジアと交易するための輸出品がなかった。

 ヨーロッパは戦争や諜報という技術を使い、インド、アジア、北アメリカ、南米を侵略し、植民地支配を進めたと言えるだろいう。騙し打ちで陸戦を行う海賊と言えるだろう。現代では電子諜報と、核兵器を積んだ原潜や原子力航空母艦群が、こうしたろくでもない技術の集大成と言える。

 こうした中、日本は安土桃山時代からスペインの中国への植民地支配に警戒していた。日本列島を大よそ統一した豊臣秀吉は中国を攻め、インドまで支配し、北京に首都を置くという構想を描いていた。西欧の植民地支配に対抗する構想で、太平洋戦争の大東亜共栄圏と同じである。私は日本の軍国主義の起源は豊臣秀吉にあると考える。秀吉は海外情勢をよく把握していた。

 秀吉や信長の動向を見ていた家康は、西欧との均衡を保っていた。しかし江戸時代は幕臣や知識人によって海外情勢の研究が盛んに行われ、近代軍隊の設立は江戸末期に始められた。

 西欧はアジアへの影響力を維持するため、日本がアジアの覇者になることを常に警戒している。腹の底では旧東西ドイツや今の朝鮮半島のように日本が分割されていればちょうどいいぐらいに考えているだろう。

 日中関係など、日本とアジア諸国との関係を故意に妨げる動きをする。西欧に対抗する概念の極限として、秀吉の中国侵略、太平洋戦争時の大東亜共栄圏がある。日本人はさらに賢くなって、海賊の末裔たる西欧と、平和を保っていく道を探る必要がある。戦争ばかりの悲劇を繰り返したヨーロッパはEUで統一という理想を現実にした。日本は暴虐な西欧の真似をしてさらに暴虐になり、隣国に攻め入るは本当の意味で反省する必要がある。まず隣国と仲良くし、相手のことを半分でも考え、西欧とも上手くやっていけることが必要であろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0