So-net無料ブログ作成

引きこもる土日 [自分の体は自分で守れ]

 土日は食材を買いに行く以外、引きこもってしまった。耳鳴りがするので、予定を取り消しておとなしくしていた。眠ったり、片付けをしたりして過ごした。日曜日の晩になると、耳鳴りも消え、体調も良くなってはっきりと「元気になった」と実感した。平日の生活を見ると、パワハラを受けているにもかかわらず、定期的な運動もして、活発と言えるような生活をしている。耳鳴りは嫌だが、私にとっては過労の警告の印である。これがなければ無理してしまうのだろうと思う。

 最近、専門家と言われる人たちと会って、有資格者とはいえ人間には「勉強する頭脳」と「勉強しない頭脳」の2種類があるとしみじみと思ってしまった。専門家と言われる人たちの間でも、高齢者にもかかわらず時代に合わせて勉強して進歩する人たちがいる一方、若いのに不勉強で頑固な人たちがいる。

 後者は仕事が乏しいのか、暇そうである。市場に相手にされないのかもしれない。私が懸念して彼らに情報を与えて進歩を促しても、頑固に進歩を拒む。教育係でないから、相手を変えるのは難しいと言える。話をしていても時間の浪費を感じてしまう。有資格者だから自尊心があるのだろう。しかし「勉強する頭脳」を持つ有資格者との格差は大きく、ああはなりたくないものだと思う。仕事に対する態度の違いが大きな格差を生み、結果としてunprofessionalとなるのだろう。

 有資格者は顧客に「このサービスでこの価格は安い」と思わせるぐらい働き、勉強する必要があるのだろう。そうすると信用され、再び依頼され、顧客の人脈を通じて顧客が広がるのであろう。私もサラリーマンだから会社にそう思われるぐらいならいいが、会社はパワハラ御殿のようなところだから、何とも言い難い。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0