So-net無料ブログ作成
検索選択

プロフェッショナルとトレーニング [仕事・職場を考える]

 強い家計のためには、まず「節約できて貯まる仕組み」を構築して維持・改善することが重要である。毎月の固定費を思い切って減らすことが大切である。一切の負債や買掛金をゼロにするのはもちろんのこと、車・スマホを持たず、贅沢をしない。一括払いできるものは1年~数年払いして、毎月の固定費から除いてしまう。

 このごろ通信費が減って4,000円ダウンした一方、語学その他の授業料が発生し、16,000円アップになっている。差し引くと12,000円のアップである。毎月の貯蓄額を減らすわけにはいかないから、3紙も取っている新聞を全て止めるか、他に12,000円分を減らす部分を探すほかないので、いろいろと考えている。省エネ・健康維持はうまくいっているので、この授業料はどうするかと考えている。

 学者・教員であった本多静六はむしろ「学問を切り売り」して、執筆に時間を割いたり臨時講師をやったりして、本業に関係があることで少しでも稼いでいる。稼ぐ、何かを金に換えて収入を得るということは、その金額の多寡に関係せず、プロフェッショナルの世界である。何かを習うというのはトレーニングである。プロフェッショナルになるにはある程度のトレーニングが必要なことは言うまでもない。

 本多静六には現代で言う「自己投資」という概念はない。苦学して学んだ後は、貧乏脱出のため、身に付けた学問を生かして懸命に稼いでいるのである。

 家計経済の師である本多静六であれば、教条的になる必要はなく、目的があるのなら金を出してトレーニングを受けよと言うのか、キミなら自己投資とやらをするよりも稼げると言うのか、考えてしまう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0