So-net無料ブログ作成
検索選択

過労を防ぐ決め手 [仕事]

 私も過労死しそうになったことがあったので、過労について深く考え、達した結論がある。

 「心身の健康」と「負債・出費」はトレードオフの関係である。労働者として心身の健康を維持するためには、家計から贅沢や見栄を省き、出費を抑えて貯蓄を増やすほかない。貯蓄が増えれば増えるほど、仕事が楽になっていく。負債・出費が増えれば増えるほど、仕事がきつくなっていく。

 過労から身を守る決め手は「負債がないこと」と「1年分の生活費の貯蓄」である。就職したての若者は車・住宅のローンをせず、約200万円の貯蓄をつくれば、まず過労にはならないのではないだろうか。金額は異なってくるのだろうが、中年でも高齢でもこれは変わらない。

 もし同一の職場に「手取り年収600万円、負債2,000万円、貯蓄200万円、年支出600万円」の人と「手取り年収400 万円、負債ゼロ、貯蓄300万円、年支出300万円」の人がいたとしたら、前者は後者よりるかにきつい、長時間の仕事をやっているのではないだろうか。前者の貯蓄は4カ月分の支出にすぎない上、負債もあり、家計としては弱い。後者の貯蓄は1年分の支出で、負債はなく、家計として強い。家計が弱いと仕事がきつく、家計が強いと仕事が楽である。
 
 手取り年収は多いに越したことはないが、手取り年収が多くても必ずしも家計が強いとは限らない。家計を強くすれば過労にはならないのである。心身の健康に余裕ができれば、その余裕で余分の仕事をして、出世を狙うのである。ただしあくまでも勤倹節約の生活が前提である。

 私は着られなくなるまで衣服は使うし、スマホや車も持たず、勤倹節約は少し不便だなと思うことがある。見栄を張らないので、贅沢をする人間には奇妙に思われることがある。

 しかし開発途上国の人たちの生活を考えてみよう。食べ物ばかりか、きれいで安全な水を口にできるだけで、感激する人たちもいるのである。井戸の周りで乱闘が生じることだってある。大人たちが勝手に始めた戦争で勉強が中断され、命を脅かされ、涙を流している子どももいるのである。そういうことを考えてみれば、水が使えるばかりか、衣食住が確保でき、何とか仕事ができるだけで、実は本当に有り難いことで、世界でも限られた人間しか享受できないことである。

 教育を受けた先進国の人間なのだから、強い家計づくりなど、努力と継続があれば簡単なことである。大したことではない、自分なら必ずやれると思い、取り組んでいる。勤倹節約だけではなく、体力づくり、勉強なども、実は大したことではないのである。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。