So-net無料ブログ作成
検索選択

頭の中を整理する [職場を考える]

 去年の7月から退職勧奨、パワハラ、配転と問題が続く。現代ではサラリーマンも不安定だな…と感じられる。自宅にはこの問題に関する書類が積み重なり、床にも散らばっていた。そこできのう1日かけて、書類を点検し直し、10ぐらいのファイルに分類して本棚に収めた。近くの商店に行くと、コクヨのファイル(26mmスリムファイル)があったので買ってきた。

 ストレスは少なくとも9か月間も続いている。こんなストレス下でも家計簿を付けたり、減量を続けたり、歯科に通院したり、ラジオ英会話を聴いたり、英検1級を受検したり、フランス語を習ったりしている。時々、晩酌をすることがあり、その回数はストレス前よりも多いので、太るかな…と懸念していたが、定期健康診断では昨年に比べ体重は軽くなっていた。

 弁護士報酬は案外かからず、最も多く掛かっているのはタクシー代などの交通費である。そして交際費、資料費などが掛かっている。毎月の家計はぎりぎりで設計しているので、こうした費用を捻出できず、賞与分などを取り崩している。しかしこの9か月間の賞与を丸ごと出さなければならないほどでもない。貯金は増えている。

 本多静六なら「嫉視の敵」と言うだろう。背景を取材・分析すると、やはり「嫉視」が原因らしい。罪に罪を重ねている連中には間もなく鉄槌が下るだろうが、会社を浄化するのも苦労である。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。