So-net無料ブログ作成
検索選択

国民年金追納、後納を決心 [生活]

 転勤してから1年がたった。生活費などを節約して、貯蓄目標額まであと一歩というところに達した。しかしきょう、免除されていた国民年金が追納、後納できることに気づいた。昨年、追納、後納できる制度ができた。別件で年金事務所に寄ったところ、職員が説明してくれた。

 確認すると、追納、後納できる金額は100万円近い。支払うことに躊躇して、腹立たしいやら、悲しいやらで、涙が出そうになった。しかしここで負けるわけにはいかない。分割して払うより、今のうちに解決したほうがいいと判断できた。そこで一気に支払うことができる伝票を発行してもらった。
 
 過労で退職、体調不良の中渡米したり、引きこもったり、アルバイトしたり、再就職してパワハラを受けて闘ったりしていた。その間、国民年金を全額免除をしてもらっている。

 追納、後納することで、年金は確実に増える。貯蓄の中から払えるのだから、ある意味、幸せなことである。また支払った金額は全て、年末調整の社会保険控除の対象になるから幾らかは戻って来る。

 貯蓄目標額が遠のくが、自分自身の“貯蓄力”をもう100万円分だけ鍛えようと思えばいいのである。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 1

きびだんご

はじめまして。僕は3年前追納開始してやっと、残債100万円から45万円になります。手元の通帳残高の目減りは手痛いですが、年金は老後と、遠からぬ将来の為の保険です。納めて内患を取り払って、今現在の生活の向上に思考原資を集中させられるなら一括はありですよね。メイのかつおぶしさんの記事を読んで、あらためて早く納め終わらせようと確認できました。ありがとうございます。
by きびだんご (2013-12-16 12:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0