So-net無料ブログ作成
検索選択

仕事の力とメンタルヘルスの関係 [自分の体は自分で守れ]

 躁うつ病の社員が出たという話が面接の中で出たので,メンタルヘルスに問題があるような職場の特徴を考えてみる。

○ 職場の人数に比べ,職場全体の仕事量がとても多い。
○ 能力が著しく低かったり,職務の邪魔をしたり,仕事の意欲を失ったような社員が高い割合で  
   存在する。
○ 上司の管理能力が低いため,部下は適正に仕事が割り当てられていない。
○ 特定の社員に過重に仕事が割り当てられ,上司がその特定の社員に依存している。
○ 上司は成果主義などで上役に仕事の結果を求められているが,上司の能力的な欠陥を部下
   に転嫁している。

  などの特徴があるだろう。私が経験した職場では中途入社の(かなりデキル)女性社員が配属わずか半年であっという間にうつ状態になった。
 当時の職場について,詳しく分析してみると,職種に関係なくカウントすると,職場には27人いた。十分に仕事をしている人員をグループをA,不十分な仕事しかしていない人員をグループBとする。すると,グループAは14人(52%),グループBは13人(48%)となる。おおよそ半々である。
 
 管理職は27人のうち4人であるが,4人ともグループBに属している。

 またグループBのうち,4人が仕事の邪魔や妨害をしているという深刻なレベルであった。これをグループB´とすると,グループB´は4人(15%)であった。管理職はさすがにグループB´には1人も属していなかったが,このような社員を放置していたことについては,大きな責任が生じていたことだろう。

 グループA     14人 52%
 グループB     13人 48%
          うちグループB´    4人  15 %
   合計         27人 100%

 うつ状態で倒れた女性はグループAに属していた。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0