So-net無料ブログ作成
検索選択

EAP(従業員支援プログラム) [職場を考える]

 テレビ番組「こころの相談室」(ETV特集・NHK)で,うつ病社員の職場復帰についての内容があった。うつ病を出した職場の会社の人事部員,産業カウンセラーなどがうつ病経験者の女優・高木美保さんなどを前に,意見を言っていた。

「私たちとしても,職場復帰してきたうつ病社員は怖いんですね。ちょっとした言葉の行き違いから,手首を切る(自殺を図る)という事態になったら困る。腫れ物を触るようです」(人事部)

「最近の若い人たちは優秀な人が多い。だけどコミュニケーションができてないので,挨拶から始めるということが必要だ。1年たたずに辞めてしまう人がいる」(産業カウンセラー)

「休職中に明らかな昼夜逆転になっていても,うつ病社員は主治医の前では大丈夫という態度を見せるらしく,主治医は復職許可を出してしまう。そうすると復職1か月で再び休職ということになる。そういった苦い思い出がある」(産業カウンセラー)

 いずれもうつ病社員に文句を言っているのである。
 産業医学の分野では,疲弊性うつ病は職場側の問題とされている。疲弊性うつ病は労働災害の対象となっているので,そういった職場は労働基準監督署の調査の対象になるし,労働安全衛生法違反(安全配慮義務)だから,事業主は刑罰の対象になったり,民事訴訟の被告になる覚悟をしなければならない。

 「うつ病社員は怖い」(人事部)というのは「うつ病社員の取り扱いについて,私が対応を誤ると,私の責任になって,とりわけ私は無能だから,そういう可能性が高く,したがって,地方にでも左遷されたら,妻や子どもに文句を言われそうで怖い」という意味だろう。「私」が無能だからといって,それはそれで,誰の責任でもなく,ましてやうつ病社員が悪いわけではない。産業カウンセラーなどは,その資格自体が非常に怪しげなもので,守秘義務すら法令で定められていない(一方で「祈祷師」は刑法で守秘義務がある。社会的には産業カウンセラーは「祈祷師」よりずっと低く見られている)。医学界では馬鹿にされている。産業カウンセラーごときが,畏れ多くも,主治医が判断ミスをしたとしても,自分の立場をかんがみ,文句を言うべきではない。「キミキミ,口を挟むつもりかね。ボクは医者なんだよ」と言われるとすぐに屈服する一方で,立場の弱いうつ病患者に文句を言うとは何事か。新人がすぐに辞めるのは「あなたのようなロクに資格もない働かない社員の人件費を稼ぐ必要があるからオーバーワークになったから」なのでは?何だか腹立たしくなった。

 番組ではEAP(従業員支援プログラム)の説明が続いた。これは職場に委託された外部の会社の事業で,社員に精神科医を紹介したり,精神保健について会社にアドバイスしたりする。例として,仕事が非常にデキル社員を何人もうつ病にして,退職が相次ぐ問題職場が取り上げられた。EAPとしては,次のような問題点を指摘した。課長が人事評価をするのではなく,経験が一番長い課員が人事評価について強い影響力を持っているのが人事評価を歪める原因になっている。要するに仕事をしない古株のヘンなオジサンオバサンが,課長にゴマをすって,デキル若い社員の悪口を言っているのである。会社はそのヘンなオジサン(オバサンかも?)の権限を奪うと,人事評価が適正になり,デキル人が入ってきても辞めなくなったのだという。

 つまり,問題職場の原因は会社側にあり,古株のヘンなオジサンオバサンを1人,どうにか始末すれば,若いたくさんの有能な人がうつ病にならずに済むというものである。冒頭の人事部員や産業カウンセラーのうつ病社員への文句が全面否定されたという番組内容になっていた。人事部や産業カウンセラーのみなさんは,もともと無能なので,うつ病になんかなりっこないが,せいぜい会社の迷惑にならないように,給料の10%でも返上したらどうか。

 うつ病による経済損失は1兆円にものぼり,政府としても,どうやって職場を指導するか(うつ病社員を指導するのではない!),対策を打ち出さざる得ない事態になっている。


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 4

tyokyori-sousyano-kodoku

こんばんは。わたしも先日この番組をみました。「職場の方々」のコメントに、とても腹をたて「お前が鬱病患者を追い込んでる!」と思いました。同席してた萩原ながれは顔がひきつってたと思ったのは気のせいでしょうか?
わたしも恋人が鬱なので、他人事ではありません。
しかし、産業カウンセラーってそういう立場なんですねー。またまた勉強になりました。
by tyokyori-sousyano-kodoku (2005-06-19 21:55) 

メイのかつおぶし

うかつ者様 コメントを書いていただき,ありがとうございます。(・O・)ノ
荻原流行さんもムッとしていたでしょう。うつ病は心身にエネルギーが十分に充電されると回復するようです。その日が来るといいですね。
by メイのかつおぶし (2005-06-19 23:10) 

moku_moku_

はじめまして
私もかつてそううつ病でした。
それで半年ばかし休んでいましたが、今は問題なく、
朝起きて夜寝る生活ができています。
なのですが、私のパターンは珍しいのでしょうか?
薬漬け生活、大体1年くらいだったと思いますが、今は何も
服用せずに着ております。
たまにやばいと思うときはありますが、深呼吸して気を落ち
つかせるときなどありましたが、あまり支障は出ていません。
妙な偏見があるようですが、私自身はそんなものは意にも介
しませんが、こうしたことが実際にあるのは悲しいことだなと
思いました。
by moku_moku_ (2005-06-20 09:54) 

メイのかつおぶし

もくもく様 コメントを書いていただき,ありがとうございました。\(・_・ )
仕事を理由に疾患にかかったのに,偏見で見られるのは確かに悲しいことですね。
by メイのかつおぶし (2005-06-20 15:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。