So-net無料ブログ作成
検索選択

クール・ビズに異議あり [社会を考える]

 背広の上着を脱いで,ネクタイを外すのをクール・ビズという。和製英語である。環境省が地球温暖化を防止するために呼びかけた。テレビを見ていると,細田博之・内閣官房長官がクール・ビズの格好をしている。彼はいつも嫌々記者会見をしていて,「早く帰りたい」という表情が見て取れていたのに,ちょっと柔和な表情になった。クール・ビズを始めたときなどはとても嬉しそうだった。あんな格好で国会を歩いていると,細田さんだって衛視に「キミキミ,ここは立ち入り禁止だよ」などと注意されそうだ。しかし,細田さんのように抑圧されてそうな人には,クール・ビズは精神衛生上たいへんいいようだ。

 環境省は「蛇口はこまめにしめよう」「エコ製品を選んで買おう」などという6項目を「地球温暖化防止『国民運動』」と称している。節電節約を心がけているようなちょっと意識が高い人ならすべて実行していることだ。その中の1つに「冷房は28度に設定しましょう」というものがあり,その関連としてクール・ビズが提唱されている。

 環境省は国内で巨大ダム建設や河川改修を一手に実行してきた水資源開発公団に「環境への負荷を増さないように無駄なダムを作るのは止めましょう」とか,消費者に「無駄な車の買い替えは産業廃棄物を増やすので止めましょう」と言っているのではない。簡単などうでもいいことをマスコミを巻き込んで大騒ぎでやって,重要で本質的なことを先送りにするのは,役人の性癖のようだ。

  ネクタイについて一言いうと,私は東京消防庁レスキュー隊が,重傷外傷を負った人の止血や担架への体の固定に臨時にネクタイを使っている現場に出くわしたことがある。けが人本人やその周りの一般の人々のものを利用するのだ。手足を縛るのに,長さ・細さ・強さなどがちょうどよい。ハンカチやフェイスタオルでは役に立たない。1人のけが人に何本も使うので,ネクタイをいくら集めても足りないくらいだった。そうしたことを考えると,ビジネスマンには清潔なネクタイぐらいしていて欲しいものだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。