So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

言葉遣いのメカニズム [社会を考える]

 言葉遣いが悪くなるのは本人に努力がないからだという。努力しないので、それがやがて表出して、後輩、部下から軽んじられる。本人は先輩、管理職として言うことをきかせられない。職場で言うことをきかせられないのは評価にもかかわるので、乱暴な言葉を使い始める。ところが一時的な効果しかなく、さらに馬鹿にされる。そこで言葉遣いをもっと悪くしたり、脅したりする。悪循環に陥るというわけである。言葉遣いの悪い者は努力がないという欠陥人間なのである。

 驚くほど言葉遣いが悪い者がいる。会社では定年延長者が私をアンタと呼ぶことがある。すると私はこれを問題視して、会話を中断した上で、明確にアンタ扱いの中止を要求する。するとこの男は「ウルセイ」だの「アンタじゃなければオマエかい?」だのとさらに挑発する。私は挑発に乗らず、冷静に中止を要求し、会話は言葉遣いを正さない限り、再開しない。すると彼は喫煙所に逃げ戻ったりするのである。

 粗野な言葉遣いをする社会人は怠け者である。言葉遣いは正しく、また努力も正しくというのが本当の仕事のやり方と言えるだろう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

郵便物は窓口で [生活]

 先週、社外の、翻訳作業をした。出来上がった原稿を郵送する必要があった。レターパックに入れて、早朝、郵便ポストに投函したところ、ポスト内が他の郵便物で詰っているらしく、うまく落ちなかった。急いでいたので止むを得ずそのままにしたが、誰かに抜き取られたらどうしようかと少し不安に思った。しかしインターネットで検索すると、無事集荷されていた。年始だから郵便物が多かったのだろうか。郵便ポストが溢れている光景は初めて見た。

 書留でなくても、郵便物は窓口で出すといいと教えてもらったことがある。職員は郵便物を細かく点検するし、職員の手に渡れば、確実に届くという。現実には料金不足や規定外であっても職員がいったん受付けてしまえば、そうした扱いにならないらしい。サラリーマンだと、昼休みしか窓口に行けないのだが、近くに郵便局があるのだから、今度からちゃんと行こうと思う。急がば回れである。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

声を上げると… [社会を考える]

 ハラスメントを受けて声を上げると、真っ先に、何と同様の被害を受けていた人たちがこぞって、声を上げた人を非難し始めるという現象が生じることがある。ハラスメントの行為者すらびっくりの出来事である。「私だって我慢したんだから、あなたも同じように我慢せよ」という訳である。前近代性の現れである。基本的人権が損なわれる環境が連綿と続き、むしろ悪化する。何の強制もない中で、ハラスメントの行為者がいちばん都合のいい事態が展開するのである。

 しかも声を上げた人を攻撃するのは、高齢者がやっているのではなく、若者が率先してやっているのだから、若者は前世代より退行している。日本社会の想像できる。幾ら高度経済社会の消費者であっても、人間としての卑しさ、奴隷根性を克服しなければ、日本はアジアの後進国に転落するであろう。

 職場や学校で暴力やハラスメントが横行しているのは、本当はこうした奴隷根性が原因である。

 日本人は砂のような民族だという。普段群れているのにここぞというところでばらばらなのである。酒を飲んで仲良くなったと思っても、いざというときは見捨て、見捨てられるというわけである。集団主義でも個人主義でもなく、刹那主義である。もう少し本当のところを見る必要があるだろう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

年予算 [勤倹貯蓄]

 年初めから家計簿を新しくした。外出から戻ると、まず残高を記し、前日と比較して支出計を出す。その後、支出の内訳として例えば「食品⑤、1,000円」と簡潔に記す。内訳と支出計が一致するかどうか点検する。ことしは年予算を決め、経過を点検しながら、決算したいものである。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

謹賀新年 [社会を考える]

 読者諸氏の新年のご活躍をお祈りします。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事
前の5件 | -