So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

プロテインを摂取 [自分の体は自分で守れ]

 体幹トレーニングに伴い、たんぱく質を摂取して、筋肉量を増やすため、プロテインもしくはささ身肉の摂取を勧められた。私は現在、魚介類や食肉類をほとんど食べていない。食べているとしたら、昼外食でカレーやオムレツに牛肉や鶏肉が多少、含まれているときである。菜食主義を目指したわけではないが、食物繊維摂取量を増やすと、自然に菜食主義に近くなる。細かく分類すると、菜食主義のうち、乳卵菜食に当たるだろう。

 アドバイスに従うことにして、早速ささ身を買ってきて、筋を取って下ゆでした後、野菜炒めに混ぜてみた。食べた後、何とも表現しにくいが、屠畜された生き物の殺気のようなものを感じた。野菜、果実、豆類ではこうしたパワーは感じない。乳卵菜食を1年以上続けているから、こうしたことに敏感になっているのかもしれない。

 今度はプロテインを買ってきた。プロテインはホエイを原料とするものと、大豆を原料とするものがある。ホエイというのは乳製品メーカーの産業廃棄物である。大豆を原料とするプロテインを買ってきて、牛乳に混ぜて飲んでみたが、胃に違和感が残った。大豆プロテインの工程は推測できないが、ひょっとするとやはり産業廃棄物なのかもしれない。

 私は最近、外食などでも「臭いに違和感」「食べたら胃にもたれる」「下痢をした」など、変化を感じると、もう2度と試さない。鼻と胃と腸の声に忠実に生きている。こうした原初的な感覚を大事にすると、食べるものが限られてくるが、しかしどんどん健康になっているのだから、概ね正しいのだろう。

 何だか上手くいかないが、恐らく現在の食生活が健全だからなのだろう。考えてみると、ささ身やプロテインに頼らず、素直に大豆や乳製品の摂取量を増やすか、鮭の切り身でも食べればいいのだろう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

セキレイの来訪 [生活]

 晴れたので掃き出し窓を拭き掃除したら、窓の外にセグロセキレイが訪れた。様子をそっと見ていると、目が合った。窓をきれいにしていると、セキレイもやって来るのだろうか。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

睡眠優先 [仕事・職場を考える]

 体重を毎朝計っていて、適正体重のBMI22から、適正体重未満のBMI21.5の間で推移している。BMI22を達成後、しばらく次の目標をBMI21としていた。しかしそこまで減らすのに時間がかかるようである。現在はBMI21.5を維持し、体幹をよく鍛えることを目標としている。

 体幹トレーニングは11月から始めた。全身をきのう鏡で見たが、少しがっちりとしてきた。私は骨太ではなく、スポーツマン型ではないのだが、それでも筋肉がついてきたということだろう。

 定期的な運動や語学の勉強で時間が足りないので、睡眠不足になりがちである。体重を維持にするには十分な睡眠時間が必要である。平日、7,8時間ぐらい眠っておけば、いわゆる睡眠負債はあまりないようである。それでも週末や休日は長目に眠ってしまうのだから、平日いかに早寝するかが睡眠負債解消のツボと言えるだろう。

 漫画家の故水木しげるの家族による著書を読むと、彼は毎日10時間近く眠っていて、睡眠時間を優先していたという。しかし彼は「人の3倍は働いた」と言っていたのだから、睡眠時間以外、すなわち起きている時間はほとんど全部、仕事をしていたのだろうと考えられる。恐らくこうしたやり方がいちばん健康と仕事にいいのだろう。

 いちばん良いのは睡眠時間を優先し、眠りたいだけ眠り、起きている時間は工夫して使い、奮闘することである。いちばん悪いのは睡眠時間を削り、起きている時間に疲れたなどと言って怠けることである。

 本当に勤勉ならばたっぷりと眠ることである。起きている時間を工夫して使うにはまず、身の回りがきちんと整理整頓し、日常の動作を単純化し、どのようなことも素早くできるようにしておくことが必要である。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

歯医者をすっぽかす [自分の体は自分で守れ]

 きょうの土曜日、午前11時すぎに携帯電話が鳴って飛び起きた。歯科医院の問い合わせで、予約を寝過ごしてしまったことに気付いた。電話口で謝った。気を取り直し、午後2時からの、ある予定のため、出掛けたが到着直前、忘れ物をしたことに気付いた。自宅に戻っても間に合わないので、電話を掛けてキャンセルした。1日に2回もキャンセルするなど、何だか上手くいかないな、変だなと思った。

 風邪や過労など、体調不良の時はこうした変なことがある。無意識の働きで、脳が休めという信号を送っているのだろう。昼過ぎからは回復して、買い物して帰宅した。 

 精力的に過ごすのが理想だろう。しかしいつも馬鹿正直に目一杯やるのではなく、頭を働かせて、ツボを捉えて、緩急を付けるのも大切である。計算したり、人の力を借りたり、協力したりして、体力、精神力を無駄なく生かすのも修行である。

 正直、土曜日午前は眠っていたい。平日から睡眠不足に気を付けていれば、土曜日も早起きできるだろうが、そうでないのだから土曜日ぐらい、無理しなければいいのである。

 土曜日は複数の予定が入る。先週も4予定が入り、1つはすっぽかしてしまった。4予定もやるのは無理だろう。せいぜい午後から1予定というのが精いっぱいだろう。週末に2予定入れば、もう1予定は日曜日午前にやればいいだろう。

 パワハラや、リストラ部屋のようなところへ追いやられる不当配転に遭っているのに、毎週末、やることがあって充実しているのは幸せなことである。週末もうじうじと会社への恨みを募らせていたらどうだろうか。今は時間が足りない状態である。

 毎週末、少なくとも予定があるのは結構なことなのだから、冷静になって調整すればいいだけでのことである。歯科を含め、今後、土曜日の予定は午後1時以降にしようと思う。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

仏語練習 [英検1級/ケンブリッジ英検]

 勤倹節約を方針としているので、和英翻訳やフランス語の授業を受けるのを止め、授業料を支払うのを節約できないかと考えてしまう。本多静六であれば授業を受けるどころか、むしろ語学を教えて稼ぐだろう。

 授業を受けるのは「社会人の習い事」にすぎないとも言えるし、「語学の社外トレーニング」とも言えるだろう。出張があると休まざるを得ず、もったいないとも思う。

 効果があり、2017年9月の英検1級1次では英作文の成績が合格者平均点とほぼ同じであった。フランス語もごく簡単なメッセージなら書けるようである。

 こうして複数の授業を受けられるのは地方とは言え、都心に住んでいるからだろう。さらに地方であれば習う機会はほとんどない。首都圏であれば都心に住むだけで出費で、授業料は捻出できないかもしれない。捻出できたとしても通学にかける時間も長く、とても複数の授業を受けられないだろう。現在の環境は有難いのだから、勉強できるうちに勉強するのがいいのかもしれない。

 英検は2018年6,7月の第1回での合格が目標である。2018年じゅうに英検を卒業し、同年10月には英検1級相当とされるケンブリッジ英検CAEを受験したい。2019年6月までに英検1級以上相当とされるCPAに合格したい。平行して英文和訳の原稿、共訳書、訳書を執筆する機会を得ていく。

 フランス語については…これは不当配転、パワハラ下の気分転換という意味が強い。社外の人たちと共に習ったり、自宅で復習したりすると、嫌なことから頭が離れるので、気分転換になる。 フランス語圏での話ではあまり知らないことが多く、勉強になる。2018年5月にはDELF A1という試験があるので、受験を勧められているが。

 仕事とは直接結びつくとは思えないこと…を敢えてやってみるのもいいのかもしれない。ある意味、私にとって本当の余暇なのかもしれない。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事
前の5件 | -