So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

ポーランドとフィンランド [仕事]

 ポーランドもフィンランドも共に1939年、スターリンの旧ソ連とヒトラーのナチスドイツに挟撃された。ポーランドは分割占領され、国が一時消滅して飢饉やジェノサイドすら生じたのに対して、フィンランドは旧ソ連を迎撃し、ナチスとは交渉して第2次大戦を生き延びた。スターリンは北欧の小国に敗北して激怒したという。

 野蛮な独裁国家に隣接していても、指導者が賢く、国防軍がしっかりしていれば何とかなるという稀有の例であろう。ポーランドはそれなりの大国であったが、一時の内政の混乱に付け込まれ、スターリンの横暴の餌食になり、第2次大戦後も旧ソ連の衛星国であり続けた。一方、フィンランドでは国内の共産主義者ですらスターリンの暴虐さを知っていた。フィンランドの指導者は敵である国内の共産主義者を中立にすることができ、戦時革命を防ぐことができた。指導者自身が正確な情報を得るばかりではなく、内部の敵性勢力にも正確な情報が伝わっているかどうかを気に掛けることも重要であろう。

 私は民族主義を強調するものではないが、指導者がしっかりしていなければ国は守れず、また外国との友好関係も維持できないと考える。国際関係が緊張している時、いささかの油断も許されない。海外に目を向け、正確な情報を得、物心共に準備を怠らないことが重要である。

 スターリンは周辺国を侵略するに当たり、周辺国内部の共産主義者による革命政権=傀儡政権を誕生させ、既存政府を転覆させ、要人どころか知識階級を虐殺するという手法を取っている。共産主義者を放ち、あるいは共産主義思想を蔓延させ、機を待って軍隊を差し向け、同時に革命政権を誕生させるのだ。既存政府に内外から圧力を掛けるのだ。これはスターリン自身が出世したロシア革命と同じことなのだろう。

 旧ソ連に対抗するため、共産主義者を厳しく取り締まったのは出鼻をくじくという意味なのだろう。日本では江戸時代のキリシタン弾圧のような手法で共産主義者を取り締まった。太平洋戦争で、日本の戦争指導者がアメリカの空襲に平気な顔をしていたが、旧ソ連の参戦の報を聞いて「震え上がった」というエピソードがあるらしいが、これは戦時革命が起き、自らが銃殺刑になることが想定されたからだろう。日本の戦争指導者たちは旧ソ連の暴虐さを知っていたということだろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

クレイダーマン [英検1級、翻訳training、フランス語]

 ピアニストのリチャード・クレイダーマンがフランス人であるという事実を最近、始めて知った。フランス語を勉強し始めて、1年後のことである。てっきりアメリカ人か、イギリス人だと勘違いしていた。You Tubeで聴くと、まるでピアノで歌っているように感じる。そしてStranger in the Nightという曲が最も美しく、絢爛だと思った。美は自然だけではなく、人間の営みの最終目標とも言える。美は決して繊細なものではなく、美は力であり、美の力は思いの外、強いものである。権力者たちが都市計画や建築物に美を施すように命じたのは偶然ではない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

目標を達成する姿を想像 [仕事]

 自分はやれるんだと自信を持って、行動を起こさなければ人生は進まない。行動に移さないと、考えているうちに月日がたってしまう。努力しないと悔いが残るが、努力したら気持ちも晴れて、前向きになる。

 目標とするものを現実に見たり、手に入れたりすることが重要だろう。例えば数学で100点を取りたければ、実際に100点を取った1学年上の先輩の答案を見せてもらうといいだろう。その先輩に会って、どうやって勉強したのか、手間が掛かっても尋ねてみる。目標を達成した自分の将来の姿を想像するのも重要だろうが、目標を達成した人に会ってみるのもいいだろう。こうすると目標が明確に分かるし、努力の方向も分かるのである。

 目標を明確にするということが重要である。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

発熱 [職場を考える]

 先週の出張中、何となく体調が思わしくなかった。ホテルでのチェックアウト時、フロントで体温計を借りて測ってみると、発熱していた。どうしようかと考え、地方で土地に不案内なことから、フロントで近くに内科があるかと尋ねたら、診療所があるという。そこへ行くと、インフルエンザ検査をされ(陰性であった)、処方薬をもらうことができた。発熱を抑えながら、時間をかけて運転して会社に戻った。じたばたせず、フロントに助けを求め、冷静に対処できたのは良かっただろう。体力的には大変であった。翌日、上司が休んでいたため有休が取得できず、休まず出勤した。土日も発熱していた。ようやく下がったようである。

 寒いから風邪を引くという単純なものではない。出張時、会社から与えられた薄手のジャンパーを着るのではなく、自分のダウンジャケットで通せばよかったなと思った。ホテルはロビーや食堂が寒い。新聞を読みたさにそこに長くいるべきでなく、新聞など買ってしまえばいいのである。とはいえ、恐らく真の原因は(1)蓄積している疲れ(2)片道300km近い運転のストレス(3)出張でのプレッシャーの3つであろう。出張そのものは首尾良い成果を挙げた。

 過労は浪費が原因であるというのが私の理論である。人間は出費が多ければ多いほど、あるいは負債が多ければ多いほど、稼がなくてはならず、無意識に仕事量を増やすものらしい。これが過労の真の原因である。貯蓄が多く、質素な生活をしていれば同じ職場にいても過労にならない。最近、出費が多いのではないか、削れる固定費はないかと、生活が派手になっていないかと、考え込んでしまった。

 図書通信費、教養費を考えると、新聞を2紙も3紙も取ったり、NHKのラジオ講座のテキストを複数取ったりしても、実は大して金額ではない。2つ取っている語学講座やケータイ料金が図書通信費や教養費の中で大きな割合を占めている。これを何とかしなければなと思ってしまった。「人に教えてもらう」には人件費を支払わねばならず、出費額が大きくなるようだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

疲れ [職場を考える]

 年末年始の疲れが出たためか、3連休は洗濯をして、掃除を少ししただけで、十分に書類整理が進まなかった。これだけ日数があったのだから何だかもうちょっとな…と思った。ただし引きこもっていただけなので、そんなに罪はないだろう。やり残したことは書類整理だけで、仕事の方は順調である。パワハラと対峙しているのだから、疲れが出るのは止むを得ないことでもある。

 パワハラと言えば2015年春から会社労組で私を陥れようとした連中が、異動や昇進で出世したのに今度はパワハラに遭って、浮かない顔をしている。言わば取引であり、組合員である仲間を売り、成果を約束したのだろうから、会社はそれを求めているのである。彼らは会議の席回、代表取締役から罵倒されている。もちろんその罵倒の内容は理不尽なもののようだが、悪魔に魂を売った結末と言えるだろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
前の5件 | -